接客の壺 効く(聞く)接客

『言いたい意味は一つでも』 ~社内・社外接客~

こんにちは。筒木です。
今日は、「言いたい意味は一つでも」についてお話しします。

言いたい意味は一つでも、言い方により、伝わり方が異なる時があります。
今日は、待ってもらいたい時の「お待ちください」という言葉を題材にします。


お客様に、伝えるときに「お待ちください」だけでは、命令口調に聞こえてしまうのではないでしょうか。
「少々お待ちください」と、「少々」をつけると、少し柔らいだ感じになりませんか。

そして、「少々お待ちくださいませ」と語尾に「ませ」を付けると、より柔らかく聞こえるでしょう。
ですが、やはり命令口調であることには変わりがありません。

そのため、よりソフトに聞こえるように言いたい言葉の前に、クッション言葉をプラスして、 「恐れ入りますが、少々お待ちくださいませ」と言うと、先ほどより優しい感じになりませんか。
さらに疑問形を活用すると、「恐れ入りますが、少々お待ちいただけますでしょうか」となり、お願いしている気持ちも、伝わっていくのではないでしょうか。

「お待ちください」
「少々お待ちください」
「少々お待ちくださいませ」
「恐れ入りますが、少々お待ちくださいませ」
「恐れ入りますが、少々お待ちいただけますでしょうか」

このように、言いたいことは、「待ってください」ということであっても、少し言葉をプラスすると、雰囲気がずいぶん変わっていきます。

関連記事一覧