接客の壺 効く(聞く)接客

『玉置浩二×オーケストラ』

こんにちは!
今日は、『NHK MUSIC SPECIAL ~玉置浩二×オーケストラ~』という番組を見て感じたことをお話しします。
何気なくチャンネルを回していたら、オーケストラと息をあわせた玉置浩二さんの声が、耳に飛び込んできました。
そしてそのまま、聞き入ってしまいました。

歌っている表情も、話している雰囲気も、以前テレビで見た玉置さんとは、違っているように見えました。

玉置さんは、番組の中で次のように語っています。
『自分の作ってきた音楽をオーケストラの形でアレンジしていただいて
 みんなで演奏して歌をボーンと投げ出すっていう
 これ以上の幸せはないなって』

玉置浩二さんがたどり着いたオーケストラとの共演、玉置さんにとっての幸せ。

常に何かを追い求める。
ですが、その何かに出会うまで、追い求めているものが何かはわからない。
何らかのきっかけで出会えた時、こんな幸福なことはない。
玉置さんは、そう思っているのではないでしょうか。

人生は、いい時もあればよくない時もあります。
自分の求めているものは何なのか、人は多くの時間をこのことに費やしているのではないでしょうか。

番組のエンディングの時、玉置さんはこうも語っています。
『ちゃんと心をこめて
 始めた頃の気持ちを忘れずに
 どんどんそっちに戻っていきたいと思ってるんだよね
 音楽を始めた頃の気持ちに
 年をとってくるのと
 一緒にグーっと戻っていきたいっていう感じ
 純粋になりたい』

この「純粋になりたい」という言葉が、心に突き刺さります。

玉置さんが何をもって純粋と思っているのかはわかりません。
ですが、より良い物を追い求める、雑念のない心を純粋と言われたのかと想像します。

何かを追い求めながら年をとる。
もちろん、出会えたと実感できる人もあればできない人もいるでしょう。
ですが、年をとりながら雑念のない心になっていく。
そんな人生でありたいと思わせてくれた番組でした。

*接客徒然『仕事が好きとは(1)

関連記事一覧