接客の壺 効く(聞く)接客

『接客八大用語』 ~社外接客~

こんにちは。筒木です。

本日は、弊社のご紹介コラムの中でも、アクセスが高い「接客八大用語」についてご紹介します。

「いらっしゃいませ」
「はい、かしこまりました」
「少々おまちくださいませ」
「お待たせ致しました」
「失礼致します」
「恐れ入ります」
「申し訳ございません」
「ありがとうございました」
これを接客八大用語としています。

お客様が来店されたら「いらっしゃいませ」お客様から、何かご注文を受けたら「はい、かしこまりました」
「はい」は付けずに、「かしこまりました」だけで良い場面も多くあります。
お客様の傍を離れる時、「少々お待ちくださいませ」「少々お待ちくださいませ」は、言う必要がある時と、
言わなくても良い場面があります。
「少々お待ちください」と「ませ」をつけずに言う場面もあります。
ただし、命令口調にしないことがポイントです。

お客様の傍に商品を持って近づく時「お待たせ致しました」
お客様のテリトリーに入る時、「失礼致します」
お客様に、商品を取ってもらったら「恐れ入ります」
この言葉は、言いにくいと言う人が案外多いように思います。ですが、ご協力いただきたい時、
またご協力いただいた時に活用でき、とても耳に心地よい言葉です。

お客様から苦情を言われたら「申し訳ございません」
お客様がお帰りになる時「ありがとうございました」
「ありがとうございます」と現在形のみを使用している会社もあります。
 
言葉は、まずシンプルに覚えることが大切です。
そして、その言葉が、お客様の気持ちに伝わるようにするためには、訓練が必要です。

関連記事一覧