接客の壺 効く(聞く)接客

『美容院での会話とプロフェッショナル』社外接客

こんにちは! 
今日は「美容院での会話とプロフェッショナルとは」というテーマでお話しします。

たまたまテレビを見ていたら、美容院で、「会話はなるべくしたくない」と思っている人が多いというような内容の番組が放映されていました。

なぜお客様は、話したくないと思うのでしょう。

それは、話の内容がつまらない、少し会話をしても、その後の無言が疲れる、スタッフ自身の話ばかり聞かされるなど、お客様のうんざりした過去の経験からではないでしょうか。
楽しい会話の経験しかなければ、そんなことは思わないはずです。

話をするしないの前に、プロフェッショナルとは何か、ということについてみてみましょう。

プロフェッショナルとは、お客様が再来したくなるコトをすることです。
まず、技術がなければなりません。
そして、滞在時間中に、ストレスを感じることなく過ごしていただかなくてはなりません。
その方法は、どのような会話をしたら、お客様は来て良かった、次回もここに来ようと思っていただけるのか、ということを考え対応することです。
もちろん、この中には、会話をしないという選択肢も含まれます。

長い滞在時間なら、雑誌をとりそろえようか、ネット環境をよくしようかなどと、いろいろな工夫もあるでしょう。

会話をするしないということが、お客様の本来の目的ではありません。

きれいになる、清潔感がアップするなどのことではないでしょうか。

高い技術とお客様が再来したくなる接客術を兼ね備えていて、プロフェッショナルと言えます。

*関連書籍『2030年 嫌われて好かれる新時代の接客術 ―接客術をマスターするなら接客術を捨てよう ~時代や環境の変化でお客様も変わる~ 第4章―
*接客徒然『ご満足いただける接客3段階

関連記事一覧