月間目標のヒント

【ビジネス】今日の予定は? ≪経営者編≫

 今日、何をするか。
会社で言えば、年間目標があるでしょう。
  もっと長く三か年計画であったり五か年計画であったりするところもあるでしょう。
  その目標は、毎月の月間にしたら何をするか、また週間にすると何をするか、それを毎日にすると何をするかと細分化されていきます。
 責任者は、○時は○○へ行き、次に○○をしてなどと、ルーティンワークはもちろん、年間、月間スケジュールに照らし合わせて、今日何をするかというスケジュールを立てるでしょう。
このことは、社員にとっても重要な考え方のように思えるのです。
毎日やらなくてはならないルーティンワークはしても、先を読んだ仕事に関しては「毎日忙しくて」という言葉で終わっていってしまうと、先にすすむどころか、今していること自体が後退するためのことをしていることにもなりかねません。
ということは、責任者が目標を提示していなければ、社員にとって今日何をするかは、会社の方向性とは関係なく、個人個人だけの今日何をするかになります。
 先の目標をみて今日の仕事を全員が決めていくと、例え個々が、今日何をするかを決めたとしても、そこには会社全体としての連動された仕事が行われていることになります。

関連記事一覧