キャンセルをめぐって   

(2)        (1) (2) (3) (4)

▼ 登場人物 ………

居酒屋にて

清水勇二:飲食店勤務 25歳
矢部友也:勇二の友人 25歳

野崎  :お客様
………………………



友也は、勇二の言葉を笑いながら遮った。

「おいおい、まずは店に入ろう!」

友也は続けて言った。

「込み入った話のようだが、どっちの店に行く?」

勇二は言った。

「飲みながら話すか」

「オッケー」

と友也は言い、2人は居酒屋に入っていった。


ビールとつまみ数品を注文した後、友也が切り出した。

「客がどうしたって?」


「それなんだけどさぁ」

と言って、勇二は友也に聞いてほしくてたまらないような表情を向けた。

「昨日のことなんだけど、客から電話が掛かってきたんだ」

勇二は、電話の内容をかいつまんで友也に伝えた。


** 昨日、勇二に起こった出来事 **

昼のピークタイムを過ぎた午後2時ごろ、レストラン「ジーロ」の電話が鳴った。

勇二が電話に出た。

「はい、レストラン、ジーロでございます」

「今日、6時に予約をしていた野崎なんですけど」

と男性の声が聞こえてきた。

「6時からご予約の野崎様ですね。
ご予約ありがとうございます。
えーっと、本日、10名様で承っております」

と勇二は言った。
勇二は日頃、何時に誰が何名で来店されるか、頭の中に入れようとしている。

「急で申し訳ないんですが、予定が変更になったので、
今日の予約をキャンセルしたいんです」

と電話の向こうから聞こえてきた。

勇二は、思わず、

「キャ、キャンセルですか」

と、びっくりした声でオウム返しをした。
当日キャンセルは初めての体験だ。


『当日キャンセルって……、厄介な客だな』

勇二は、心の中で呟いた。
だが、マニュアルに沿って対応しようと気持ちを落ち着けた。

「かしこまりました」

と勇二は返答をしながら、

「申し訳ございません。
当日キャンセルの場合、キャンセル料をいただくことになりますが」

と言った。

野崎は声を荒げた。

「キャンセル料?!
そんな話、聞いてないよ!!」


勇二の心臓が、一気に高鳴り始めた。



*** *** *** *** ***
 前に戻る≪≪(2)≫≫続きを読む
  (1) (2) (3) (4)