作業効率アップ

作業効率アップ 印刷する方はコチラ同じ仕事をしても、短時間で済ませることができる人と時間掛かる人とがいます。

この差は何から生まれるのでしょう。


1つ目が、作業時間を短縮したいと考えているかどうかです。
思っていなければ、短縮しようとする行動は生まれません。


2つ目が、優先順位を考えて行動に移せているかということです。

毎回、PDCAをしながら行っている人は、スピードアップしていくでしょう。


作業効率を考えるタイプの人は、例えばカップラーメンを食べる時でも、時間短縮を考えているのではないでしょうか。

先に湯を沸かし始める、それからカップラーメンのビニールを外す、など作業効率、優先順位を無意識に考えているようです。
作業効率に対してそれほど意識のない人は、カップラーメンの周りについているビニールを外し、具をカップに入れて、湯を沸かしにいきます。


仕事の早い人は、そのことだけに長けているのではなく、他の面でも、作業効率アップという考え方を持っています。

もちろん、常に作業効率アップが良いわけではないでしょう。

例えば、クリエイティブな仕事の場合、作業効率アップでは、想像的な仕事ができるとは言えないからです。

ですが、同じ作業をするのであれば、より短時間で行うほうが良いでしょう。




Topページに戻る