視線   〜コミュニケーションの壺〜  

視線 印刷する方は click

視線は、言葉以上に言葉を発する時があります。

会話はしていなくても、上目遣いや下目遣い、横目で相手を見ると、
相手は、人を馬鹿にしている、疑っている、恐いなどと、何らかの印象を持ちます。

また相手の目を見ずに話をする・話を聞くと、
相手からすると、どのように思われるでしょう。
一見、会話をしているようでも、話が成立していないような気持ちになるのではないでしょうか。
視線は、言葉はなくても物語ってしまうのです。


またこれだけではありません。
見つめる時間、視線の外し方、相手との距離・表情などでも印象が変わります。

では、良い印象の視線にするにはどうしたら良いのでしょう。
自分のことはわからないので、相手の視線の使い方から学び取っていきます。
感じが悪いと思った視線はしない。
感じが良いと思った視線の真似をする。

会話は無くても視線だけで、互いに相手の心を読み取っていく力が私たちには備わっています。


Topページに戻る