返事  

返事 印刷する方は click「○○さん」などと呼びかけると、相手は「はい」と返事をします。
その返事を聞いた時、「感じが良い」と思ったり、「何か気分でも悪いのかな。つっけんどんな返事の仕方だ」などと、思ったりしたことはありませんか。

「は〜い」と間延びした返事、暗い声での返事、聞こえるか聞こえないかの返事など、たった一言でも、聞いた側は、気分が悪くなってしまう時もあるでしょう。
返事すらしない人もいます。
聞いた側は、せめて返事だけでもしてほしいという気持ちになってしまうでしょう。
さて、感じの良い返事とは、どのような言い方なのでしょう。
相手に視線を向け、笑顔で、相手にしっかりと聞こえる声で、間延びせず、 音程も、「ソ」ぐらいの高さにすると明るく聞こえます。

次に、お客様から「すみません」と呼ばれた時の返事をみてみましょう。
「はい」だけでは素っ気ない感じを受けませんか。 「はい」の後に、例えば「いらっしゃいませ」と一言が付くと、印象が、より明るくなるのではないでしょうか。
また、「この商品って、包装してもらえますか」と言われた時の返事でみてみましょう。
「はい」だけでは、包装をしてもらえるのかもらえないのかが、お客様にはわかりにくいのではないでしょうか。
「はい、かしこまりました」と一言言葉をプラスすると、包装してもらえるということが明確にわかります。
返事の仕方を工夫する、そして状況に応じてもう一言プラスすると、相手の印象が、ずいぶんよくなるのではないでしょうか。


Topページに戻る