初歩に必要な知識   〜仕事の壺〜

初歩に必要な知識 印刷する方はコチラ


ある会社に務めるようになったとします。

仕事のことは全くわかりません。
さあ、どうしましょう。

そこで重要なことは、仕事をする上においての最低限必要な知識を覚えることからのスタートです。


例えば、

飲食店でいえば、お盆のことをトレイと呼ぶ。
青果店でいえば、白菜、レタスなど基本的な野菜の名前を覚える。
鮮魚店でいえば、秋刀魚、鯵、鰯などの名前を覚えるということです。


お盆のことをトレイと呼ぶと書きましたが、
店によっては、お盆と言っていたりシルバーと言っていたりと様々です。
アルバイトをしていた時教わった言い方と異なるという場合もあります。
それにこだわらず、現状の会社で、店で、共通用語となっている言葉を覚えます。

覚えると、「トレイを持ってきてください」と言われた時、
すぐ行動ができるようになります。


レタスで言えば、
「レタスを並べてください」
という指示に対して行動ができます。


覚えなくてはならないことは山ほどありますが、
最初に教わる作業をする上で、
知っておかなければならないことからまず覚えていきます。

それを覚えたら、知識を増やしていきます。


例えばスーパーに勤務し、店内にいると、必ずと言ってよいほど、
お客様から商品のある場所を聞かれます。

「かんぴょう、どこにありますか」
と聞かれた時、置いてある場所を知っていると、
「ご案内致します」
とすぐ言えますが、
知らなければ、知っている従業員に聞きに行かなければなりません。

その間、お客様を待たせてしまうことになるでしょう。
聞かないで済むようになるためには、
スーパーの中にある、何千、何万という商品のことを覚えなくてはならない、などと
プレッシャーがかかってくるでしょう。

ですが、そんなことは気にせず、まずは日頃よく使う言葉から覚えていけばよいのです。

覚えようとしていると、自然に知識は増えていきます。


初歩の次の段階は、知識を増やそうとしているか、ということになるでしょう。


Topページに戻る