経営者・教育担当者編   

新規オープン研修

オープンしたてのホテルに立て続けに泊まる機会がありました。
新規オープンしたての時は、スタッフのオペレーション消化具合がまだまだのせいか、
スタッフ同士の連携がよくなかったのですが、最近は、スムーズになってきています。

また新規の場合、基本に則ってオープン前研修を受けているせいか、特に崩れた対応もなく、
今のところ、お客さまに嫌な思いをさせることもないのではないかと思われます。

新規オープン研修は、
何年にも渡って営業をしているところに比べ、
コンセプトの徹底はもちろん、お客さまにどのような接客をおこなっていくのかのオペレーションの徹底もしやすいものです。

新規オープンの人材育成におけるメリットを2つ挙げてみましょう。

(1)スタッフ全員が、情報の共有化を図りながら基本オペレーションを修得しようと思っているため、
修得力の差はあれど、向う方向は皆がわかっている。

(2)覚えることが多いため、学ぼうという意識が高い。素直である。

この2つです。
オープンして時間が経つと、恐いのは慣れです。
仕事に慣れてくると、学ぼうという意識が弱まってきがちです。

また、情報の共有化という面も、ある程度の基本をマスターしたと思うと、
力の注ぎ方が弱まっていくという傾向にあります。

このホテル、少し気になる点が出始めてきたのは、私語です。

次回泊まる時には、プラスマイナス、どちらに変化していっているのかなどと思ってみるのも、
ホテル利用の楽しみ方かもしれません。


Topページに戻る