接客・応対

視線の重要性 (2)
「じーっと目」「目線が合わない視線」

今回のテーマは「視線の重要性(2)」です。

感じの良くない視線として「じーっと目」「目線が合わない視線」についてご紹介します。

まず、「じーっと目」です。

「何か、私の顔に付いているのか」などとお客様に思わせるほど見つめる店員がいます。

「見つめる」とは、芝居をしている人を見つめるなどはありますが、店内にいるお客様をじーっと見つめることはありません。
行ってはいけない「目」と言えます。

例えば、
飲食店で、食べている姿をじーっと見つめられると、客としては気分が良いものではありません。

見るのは、お客様が店員を見た時です。
それは、何か用事があるからかもしれません。
そういう時は、店員側もお客様の目を見てすぐ傍にいき、「お呼びでしょうか」などという言葉を添えます。

また、お客様を見るのは、店員側から伝えたいことがある時です。

このように、何の用事もないのにお客様の目を見ることは無いのです。

見つめることがあるとしたら、
ご常連のお客様が来店された時、他のお客様の対応をしていて傍にいけない時です。

お客様の来店を気づいていることを、笑顔を添えて「見つめる」ことで伝えます。
そうすると、安心感を持っていただけます。


次に「目線が合わない視線」です。

目をダイレクトに見るのが恐いのか、
商品のことを尋ねても客の視線を見ずに説明する、
挨拶も客の目を見ずに頭だけ下げるなどです。

「どこを見ているのだろう」とお客様は思われるでしょう。

また、目を見ると同様に難しいのが視線の外し方です。
横にずらすと、横目使いになってしまいますし、上にずらすと上目使いになってしまいます。

どうしたら良いのかがわからないと、ますます相手の目をみることが出来なくなっていきます。

目を見て話す、その後の外し方は訓練が必要でしょう。

目を見る、
つまり「アイコンタクト」は、会話時において重要となる表情の1つです。


Topページに戻る