接客・応対

リンゴの購入

リンゴを想像してみてください。

どんなリンゴが頭に浮かんできますか。
丸い形をした甘酸っぱいリンゴを想像されましたか。
四角いリンゴを想像しました、辛いリンゴを想像しました、という方はいないのではないでしょうか。

つまり、リンゴと言えば、多くの方が、同じようなリンゴを想像されたかと思います。
リンゴの話をしても、お互いに『丸い形をイメージし、味も甘酸っぱい』という前提ですので、会話が成立します。

では、お客様からリンゴを購入してきてもらうように依頼があったとしましょう。

あなたは、
「かしこまりました。」
と、気持ちよく受けて店に買い物に行きました。

ですが、困ることが発生しませんか。

まずここで読むことを止め、困る点を考えてみてください。

   ☆
   ★
   ☆
   ★
   ☆
   ★  チクタク チクタク
   ☆
   ★
   ☆
   ★
   ☆
   ★
   ★
   ☆  チクタク チクタク
   ★
   ☆
   ★
   ★
   ☆
   ★
   ☆
   ★

実際の場面を想像しながら考えていきましょう。

スーパーまたは果物店の店頭に行きました。
いろいろなリンゴが並んでいます。
赤、黄、緑 ……………
「リンゴってこんなに種類があるんだ〜」
「で、どのリンゴを買えばいいのだろう。種類は、大きさは、価格は。」
などと、買う段階になって迷ってしまいませんか。

購入しても、お客様が買ってきてほしいリンゴと違っていてはいけません。
ということは、
頼まれる時、具体的に聞かなければ、お客様のご要望を正確に掴むことができないということになります。

その時々で、知りたい、必要な情報が違ってくることがわかります。


Topページに戻る