接客・応対

平等という逃げ言葉

今日は、ひとつの言葉をご紹介します。

「どなた様にも、そのように対応させていただいております」

あなたが、例えば銀行の窓口で、飲食店で、小売店で、こういう言葉を聞いた時、どう思われるでしょうか。
ある会で、こういう言葉を聞くと非常に腹立たしいということを言っている方がいました。
同感です。

ただ、お客様の視点で見た時に腹立たしいと思う人がいるのであって、
接客側から見るとどうでしょう。
この言葉のままが言いたいのではないでしょうか。

つまり、平等ということを。

あなただけ、特別にすることはできません。
私どものサービスは、平等ですので、という意味合いを含んで言っているのではないでしょうか。

客の視点では腹立たしい。
接客側の視点では、お客様は皆平等に対応をするのが一番。

何だかちぐはぐしていますね。

接客側は、平等が良いサービスと思っているのに、その考え方に、客側は腹が立つのですから。

接客側は、本当に平等という考え方でこのような言葉を言うのでしょうか。

もうひとつの考え方があるような気がします。
今の状況から逃げるひとつの方法ということです。

例えばお客様から
「これ、もう少しどうにかなりませんか」
などと言われたとします。
そんなことにいちいち応えていたら、多くのお客様に対応しきれない。

「これ、もう少しどうにかなりませんか」
「どうにもなりませんね〜。どなた様にも、そのように対応させていただいております」

こういうような時に言われると、客側としたら、
平等というよりも、逃げの言葉としか聞こえてこない時があります。

自己反省。

お客様のためにと言いながら、その場から、手っ取り早く逃げるための言葉として
使ってしまう時がありませんか。


Topページに戻る