社内接客 総合編

自分の能力に自信が持てない時

先日、スタッフ数十名のまとめ役になったリーダーと話をしました。

自分の能力に自信が持てない。
自分よりも優れているスタッフに近づきたいと思えば思うほど、自分の力不足を感じると。


他のスタッフが、
「近くに見本となる人がいるのは、うらやましい。その人に近づくように努力していけばいい」
「私も、リーダーになった時は自信がなかった。でも、負けたくないと、意地でやってきた」
と助言をしていました。

人には、いろいろなタイプがあります。

「〇〇さんには負けたくない。負けない」
という気持ちをバネにして伸びる人。

逆に、
「〇〇さんには負けたくない。負けない」
と考えるだけで、プレッシャーを感じてしまう人。
相手の良い点が、自分と比べ、相当レベル差があると感じた場合、意気消沈。
目標も持てなくなってしまう。

そういう人は、自分の良いところ探しから始める方法があります。

人と比べない、自分を知るということ。


「私の良いところは、仕事はゆっくりだけど丁寧」
「人からは、まあまあ好かれる」
「基本的な対応は、まあ出来る」
などと。


例えば、
「私の良いところは、仕事はゆっくりだけど丁寧」という自分を発見した場合、
いかに早くするかを考え、チャレンジします。
そうすると、仕事がゆっくりという面が少しずつ改善されます。

この時、人と比べると、自分は作業が遅い、という点がクローズアップされ、
いつまで経っても、進歩がないように思えてしまいます。

人に勝つとか勝たないとか、相手より優れているとかいないとかではなく、
チャレンジ前の状態との比較をします。

人とは比べない。自分の発見。



Topページに戻る