心遣い・コミュニケーション

声掛けの役割

先日、取り寄せている本を取りに図書館に行きました。
 ※取り寄せのシステムについては、以前ご紹介したので、今日は省きます

渡される時、図書館司書の方が、
「2巻のほうが先に来たのですが、どうされますか」
と聞かれたので、
「1巻から読んだほうがいいですよね〜」
と言うと、
「ですが、貸し出しが2週間なので……」
とのこと。

図書館司書の方は、私にいったい何を言いたいのかよくわからなかったのですが、
このまま黙ってしまうと、何となく気まずい雰囲気になりそうだったので、
「あ、借りていきます」
と伝えました。

図書館司書の方は、2巻のほうが先にきてしまったので、
そのことを、最初に伝えてくれています。
ですが、後から、2週間という制約があることに気づきました。
このように、最初は、相手のことを思っていった言葉であっても、
後から意味のない言葉だった、という時があります。

  こういう場合があったとしても、声をかけることは大切ではないかと思います。
それは、「気づく」という訓練になるからです。

例えば、この図書館司書の方が、何も言わずに、いつものように本を渡してくれたとしましょう。
受け取ったほうも確認せず持ち帰り、いざ読もうとした時に、
「え、なんだ〜。2巻か」
と、気づくかもしれません。
そうなると、
「1巻から読みたかったのに」
と思う人もいるでしょう。
それを、先手で言ってもらえていると、この気持ちが和らぐ効果となる時があります。
この図書館司書の方は、
「2巻のほうが先に来たのですが、どうされますか」
と聞かれたのですが、
「2巻のほうが先に来ています」
だけでも良かったかもしれませんね。


Topページに戻る