接客の考え方

ちょっとした気づき

次の事例から、いろいろと想像してみてください。
飲食店のケースです。


事例1 ……………

家族連れが来店。席に案内した。
その中の1人、4歳の子供が「寒い……」と囁いた。


さあ、接客者の言動は……?


事例2 ……………

ご来店いただいたお客さまに、暑い時期なので、
さっぱりしていただこうとご来店時は冷たいおしぼりを提供した。
そして食事の後に、熱いお絞りを提供。
お客さまが、そのお絞りを触った瞬間に、「あつっ」と声を出された。


その時の接客者の言動は……?



どれが正解ということはありません。
ですが、どれだけの対応方法が浮かぶかで、その時の選択の幅が広がります。

パターンが、一つしかなければ、微妙な状況の差も、
全てそのパターンで行うことになってしまうからです。

瞬間思考能力を高めていきましょう。


Topページに戻る