接客の考え方

心からの「ありがとう」 無理に言う「ありがとう」

ある研修でのこと。

「もうだいぶ前の話ですが、〇〇社長と飲食店で食事をご一緒させていただいた時のことです。
その社長、従業員がお水を持って来たり料理を持って来たりする時、
必ずありがとうという声がけをしていました。
その姿を見て、すごいな〜と感じました。
その時から「ありがとうございます」という言葉をどんどん言うようにしています」
というような話をしました。

その後、ある男性から質問を受けました。

「先ほどの話ですが、今まで「ありがとう」と言っていなかったのを、無理に言おうとしたんですね」
と。その男性の話は続き、
「子供がいるのですが、子供に「ありがとう」という言葉を言わせるようにしたいとは思っているのですが、
何かしてもらったら「ありがとう」と言わなくては駄目だよ、というのはおかしいと思っているのです」

他の受講者数名とともに、だんだん話の花が咲いていきました。
子供に、いかに「ありがとう」という言葉を言わせるようにするか、という点は置くとして、
この男性は、飲食店の従業員に、無理に「ありがとう」という声がけをしても、
そこには心が入っていないのではないか、ということなのです。

そこで次のように話をしました。

「無理に言おうということではなく、
「ありがとう」という感謝の気持ちが足りなかったということに気付いたのです。
ですが言い慣れていないのでなかなか言えません。
そこで意識して、言うようにしたのです。
ではその言い方に心が入っていないかというと、そうではありません。
感謝の気持ちを伝えたいからこそ、声に出して言いたい。
でも言い慣れていないので、なかなか言葉がスムーズに出てこない。
ですが言うことで自分の気持ちに、より素直になれたようにも思えるのです」

この男性が思う自然な心「自然体」とは、心のおもむくままに、
本当に感謝の気持ちがあれば自然に言葉が出てくる。
出てこないということは、それも自然体という考え方のようです。

「気付き」があった時、私たちは言動の修正を行おうとします。
ですが、修正をしたいと思っても、今までの癖がなかなか抜けません。
そこで少し意識して修正をしてみます。
この行為は自然体とは言えないと思う人もあれば、
心が欲している行動を意識的に行おうとすることも、自然体と考える人もいるでしょう。

また、飲食店の人がお水を持ってくることは仕事。
当たり前のことをしている人に、いちいち「ありがとう」を言う必要はない、
と思っている人もいるでしょう。

考え方は一人一人違います。
自分が何を信じているかによって、その言動が変わります。


Topページに戻る