刷り込みと接客


※本内容は音声でもご視聴いただけます。  音声配信はコチラ

今日は「刷り込み」と「接客」についてのお話です。

鳥は、生まれる時、最初に人間を見たら、その人間を親と思って
後をついてまわるということがあるそうです。

これを実社会でみてみましょう。

新入社員は、指導者から仕事のやり方を教わります。
そしてその仕事のやり方を覚えていきます。
教わった方法以外のことをすると、指導者から注意を受けます。
こうして指導者のやり方が刷り込まれていきます。
仕事のやり方はもちろん、仕事に対する考え方までもが刷り込まれていきます。

例えば「いらっしゃいませ」ですが、
「いらっしゃいませ〜」などと語尾を伸ばす指導を受けると、その言い方が身についていきます。

作業一つとっても、この方法のみが正解という指導を受けると、
それ以外の方法を考えることができない、
考えようとしない「刷り込み」をしていくことになります。

となると、最初に誰に教わったかは、
新入社員のその後の人生に大きな影響力を与えていくことになります。

会社としても、誰が指導するかで、
その後の経営において、大きな影響を及ぼすことになります。



 あなたにおすすめ

  トレードオフ  ※音声配信はコチラ

Topページに戻る