接客の壺
■接客徒然       ≫≫「接客徒然」のトップに戻る

ご満足いただける接客3段階(4)  〜社外接客 考え方〜


今回は「お客様の感動三段階」の最終回です。

お客様に感動をしてもらおうと思う前に、まず「思い」があること、
という話をしてみたいと思います。

接客は、お客様に感動をしてもらいたいと思って行う面もありますが、そうではなく、
心のままに行うことによって、結果的にお客様に喜んでいただけたという面もあります。
どちらかというと、後者の方が自然体で、お客様との心の触れ合いが増すように思います。
計算ずくの接客は、お客様の心に響かないものです。

「こうしたらきっとお客様は感動してくれる」ではなく
「こうして差し上げたい」という「思い」があって、初めて心と心が響きあうのです。

以前にも書きましたが、ここまでしたら喜んでもらえる、という考え方では
形にこだわり、心がついてきません。

では「思い」とは。

「お客様の役に立ちたい」「お客様に喜んでもらいたい」という素直な気持ち
ではないでしょうか。
その所作が、たとえ未熟であっても内部にたたえているおおらかさ、優しさを感じることが
できます。
なかなかこういう気持ちになれませんが、そういう気持ちを持っている人から接客を受けると、
なぜか心の中に温かいものが生まれます。

接客の良し悪しは、誰でもが判定出来ます。
特に接客を受けているお客様は、一番わかります。
それは理屈ではありません。感情だからです。

お客様を思う気持ちは、姿・形に、そして言葉にも表れます。

「感動の三段階」などと書きましたが、実際には三段階などありえないのです。
心理は複雑に交差しています。
その心理をつかむ方法は、一言で言えば「お客様を思う思い」
失敗しても、そこから学び、次にはもっとお客様のお役に立ちたいと思う心。

こう書きながら、できていない自分に対し反省ですね。



 あなたにおすすめ

  ご満足いただける接客3段階(1) (2) (3) (4)



    ≫≫「接客徒然のトップに戻る
Topページに戻る