接客の壺
■効く(聞く)接客       ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る

話法と感情  〜社外接客〜

今日は「話法と感情」というお話です。


先日、ある銀行に行きました。

「いらっしゃいませ」と言われたのですが、
目が笑っていない。
用件を伝えると、
「あちらの椅子でお待ちください」
と言われましたが、視線が合わない。

「いらっしゃいませ」」
と「あちらの椅子でお待ちください」というたったの2つの文ですが、
人間味を感じないのです。

なぜ感情表現ができないのでしょう。

それは、

お客様に対して、ご来店いただきありがとうございますという
感情が乏しいからではないでしょうか。

ただの話法だけで覚えていると、言うことが目的になり
感情は置き去りになります。

言葉に感情を載せるためには、
なぜこの言葉を言うのかの、理解が必要になりそうです。

 


 あなたにおすすめ

    人が行う接客とAI
    感じの良い表情



    ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る
Topページに戻る