接客の壺
■効く(聞く)接客       ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る

接客と方針  〜社外接客〜


今日は「接客と方針」についてのお話です。

接客には、大きく分けて2つの方針があります。
1つは、お客様にゆっくりと商品をみていただくため、声がけを極力避けるというものです。
もう1つは、逆に積極的にお客様に近づき、商品説明をするというものです。

どちらが良いということではなく、
その会社の、その店の方針と言えるでしょう。

お客様は、話しかけてほしくない場合は、声掛けの少ない店を選びますし、
接客者と話したい場合は、声掛けの多い店を選ぶでしょう。

対応の仕方は、一見異なりますが、
どちらもお客様の様子を見ておかなければなりません。

自由に見たいお客様であっても、
何かわからない点があれば、接客者に聞きたくなります。
そういう時は、すぐ対応できるようにしておくことで、
お客様の満足度を高めます。
相当高いレベルでのお客様への意識が必要です。

放りっ放しではないのです。

また積極的にお客様に近づく接客も、
ただ説明をすれば良いというものではありません。
お客様の様子を伺いながら、お客様のほしい情報プラスし
ほしかった情報以上に価値があると思っていただけることを伝えていくことが必要です。

このように接客といえども、方針により対応の仕方が異なります。
この点を理解していなければ、その接客は、独りよがりになってしまいます。



 あなたにおすすめ

  接客とスポーツ(1)
  接客とスポーツ(2)
  接客とスポーツ(3)
  接客と新規客獲得
  接客とアドオン戦略



    ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る
Topページに戻る