接客の壺
■効く(聞く)接客       ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る

アンコンシャス・バイアス  〜社内接客〜


今日は、アンコンシャス・バイアス についてのお話です。

アンコンシャスとは、無意識的なという意味があり、
バイアスは、先入観・偏見という意味があります。
アンコンシャス・バイアスは、無意識の先入観であり、無意識の偏見ということです。

「男の子なんだから」「女の子なんだから」
「若い人は常識がない」「高齢者は融通が利かない」などと、
自分の過去の経験などから、無意識にこういう言葉を言っていたり、
言わないにしても思っていることはないでしょうか。

言っている人に、悪気はありません。
「男の子とはこうあるべき」「女の子とはこうあるべき」などと言われて育ってきた人は、
これが考え方のベースにあります。

「若い人は常識がない」「高齢者は融通が利かない」と誰かに聞いたり、
一度でも感じることがあると、やはりそうだと思ってしまうこともあるでしょう。

ですがこれは、相手を見誤ってしまうことにもなりかねないのです。

自分が日ごろ、何気なく言っている言葉の中に、
このアンコンシャス・バイアスがあるのではないかと気づこうとすることは、
仕事をする上においても、人生においても、重要な視点のように思えます。



 あなたにおすすめ

  お客様はドラマの登場人物
  接客と思い込み
  お客様のために



    ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る
Topページに戻る