接客の壺
■効く(聞く)接客       ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る

愛すべきお客様を愛すと接客  〜社内接客・社外接客〜


今日は、愛すべきお客様を愛すと接客 についてのお話です。

慶應義塾大学名誉教授であり中部大学名誉教授であられる
小野先生の「ミッション経営のすすめ」という本の中に
「愛すべき顧客だけを愛すればいい」というくだりがあります。

心に響いた言葉です。

この言葉から次のように解釈しました。
まず会社としての方向性を明確にするということです。
つまりどのお客様を愛するかです。
感じの良い接客をしましょうということは当たり前で、どのような接客をするかが重要です。

実際には、「こうしてほしい」「ああしてほしい」というお客様の要望は、1人ひとり異なります。
全てのお客様の要望を受け入れることは困難ですし、受け入れていると、
何がしたいのかが不明瞭な会社になってしまいます。

会社の方向性を明確にすると、もちろん、外れていくお客様がいます。
それで良いということです。

愛するお客様を決めたら、より愛していく。
そうすると、お客様もより愛してくださる。

そうすることで常連客・固定客が増えていきます。

愛すべきお客様を決めれば、
どのように愛していけばよいかの接客も見えてきます。



 あなたにおすすめ


    ≫≫「効く(聞く)接客」のトップに戻る
Topページに戻る