お客様の視点で経営を変えるお手伝い

接客のお手伝いなら
Tel. 052-852-6144
トップページ >オリジナル書籍・CD >二年目新入社員 研修担当奮闘記

ビジネス物語 二年目新入社員 研修担当奮闘記   モニターユ出版

マニュアル本では学べない 人の心理や心の機微
 物語りは、状況や人の心を想像しながら読み進めていきますので、
 電話応対に関わるさまざまな人の気持ち、考え方への気づき、新たな発見がしやすくなります。


二年目新入社員 研修担当奮闘記  筒木幸枝 著  ご購入はコチラ

書籍 2年目新入社員 研修担当奮闘記

価格 ¥648- (本体価格¥600-+税)
         ◆ 登録情報:ISBN:978-4-9904468-4-0 単行本: 117頁(A5サイズ)
           出版社: モニターユ出版 ※本書は、『電話の補習時間』の改訂新版です。

    ※この書籍は、1冊ずつ手作りにてお届けしております。

送料:全国一律¥360- (2冊まで(郵便局レターパックライト使用))
お支払方法:銀行振込/郵便振替/代金引換
※個人でご購入の場合:先払い
※3冊以上 および 日時指定希望の場合:
ヤマト運輸宅急便または宅急便コンパクトを使用  ≫≫送料の詳細を見る
※手数料はお客様負担  ≫≫特定商取引に基づく表記を見る

冊 


●目次
 ■プロローグ
 ■彩子(さいこ)、研修を引き受ける
 ■お客様からの苦情
 ■課長、部長に指摘される
 ■電話応対研修のスタート
 ■周囲の人すべてが教育者
 ■部長に叱られる
 ■教わる姿勢が成長の原動力
 ■声が小さいのはお客様のせい
 ■取り次ぎの判断
 ■自己視点と顧客視点
 ■エピローグ
●物語ご紹介(本文より抜粋)
昨年の4月。
部長の温井は、悩んでいた。
新入社員の電話応対研修を誰にさせるか。
    ・
    ・
新入社員が総務部に配属された二日目、入社二年目の華彩子は、課長の猿投に呼ばれた。
「華さん。新入社員の二人に電話応対の指導をしてほしい」
「え! わ、私が指導するのですか」
彩子は、猿投の話が終わるや否や、素っ頓狂な声をあげた。
「そうだ。君だよ・・・・・・」

物語の特徴


●読み手の立場によって、物語から読み取るポイントが変わってきます。

 【経営者の場合】
  ・社内教育の方法の見直し、検討の際のヒントがある。
  ・柔軟な考え方にポイントがある。
 
 【社内教育担当者の場合】
  ・指導をする時の悩みを解決するヒントになる。
  ・指導を受ける新入社員の心の持ち方が理解できる。

 【新入社員の場合】
  ・人と接する時に大切な『こころ』に気づくことができる。
  ・心を踏まえた接客応対について自然に考えるようになるきっかけづくりができる。
  ・マニュアルだけでは学べない、臨機応変のポイントが見えてくる 。
  ・指導者側の考えが理解できる。

ページトップへ戻る
Copyright(C)2005 Monitayu All Rights Reserved.